北緯35度前後の都市は12月に雪が降らない

東京・名古屋・大阪など北緯35度前後にある都市では12月に雪が降る年はほとんどなく、1月・2月も降雪量は多くありません。一方、北海道は北緯41度から45度に位置する都道府県で、11月に入ると雪の日が増え始めて12月ともなると南部の函館でも雪が積もるようになります。そのため、12月に遊びに行くと関東や関西では基本的に体験できないホワイトクリスマス体験をする事が可能です。

 

一番おすすめなのは札幌

ホワイトクリスマス体験をしたくて12月に北海道旅行をする場合、一番おすすめであるのが札幌市です。札幌では毎年12月に札幌駅南口の大通り公園で大規模なイルミネーションイベントが開催されます。さらに大通公園2丁目会場ではドイツのクリスマスマーケットを再現したエリアも開設されますので、幻想的な雰囲気の中でのお買い物を楽しむ事も可能です。テレビなどを通じて欧州のクリスマスマーケットに強い憧れをもっているかたは是非こちらに遊びに行ってみてください。本州からのアクセス方法に関しては基本的に新千歳空港から快速電車に乗って向かう形になります。

 

夜景の街・函館もおすすめ

北海道南端の函館市は古くから夜景がきれいな街として全国的に有名です。そんな歴史がある中、近年では札幌に対抗して12月のクリスマスイルミネーションイベントにも力を入れています。イベント規模は札幌より小さいものの、赤レンガ倉庫周辺のメイン会場には札幌の会場に劣らない幻想的な光景が広がっていますので、こちらもおすすめです。なお、北海道新幹線の開通により、函館は新幹線でもアクセスできます。